50ism.comトップページへ
50ismロハス
50ism 50歳以上限定ポータルサイト50ismトップページ

文字サイズ
大 中 小

こんにちは、ゲストさん ログイン
ローハス的モノ・コトA 「むりやりスローライフ」を実現する、本格的ログハウスの別荘
食べ物
マクロビオティック
マクロビオティックとは
マクロビオティックを体験・学ぶ
マクロビオティックレストラン
マクロビオティックを買う


雑穀
雑穀ソムリエとは
雑穀を食す・買う

野菜のソムリエ
野菜のソムリエ とは
資格を取る
ナチュラルヘルス
メディカルハーブ
メディカルハーブとは
メディカルハーブを学ぶ

漢方
漢方とは
漢方を学ぶ
漢方を体験する・買う

ホメオパシー
ホメオパシーとは
ホメオパシーを体験する

アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ コラム
アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダを体験する
フィットネス
ヨガ
クリパルヨガ とは
クリパルヨガ を体験する

ウォーキング
ノルディック ウォーキング とは
居住環境
エコロジー住宅
特集
バウビオロギーとは
エコロジー住宅を建てる

ガーデニング
ビオトープガーデン コラム
ビオトープ とは
ビオトープ を作る
ビオトープ を学ぶ

環境と経済・社会
社会的責任投資(SRI)

社会的責任投資コラム
社会的責任投資 とは


エコ検定
エコ検定 とは

環境健康学
環境健康学トランスレータ とは
コンテンツ提供元

有限会社ロハシング

20%対2%!?


写真提供:株式会社アールシーコア

20%対2%
欧米と日本の「別荘保有・利用率」の比較数字を表しています。 そもそも、別荘自体が日本の消費者に魅力的ではないということでしょうか?
いやいや、昨今のスローライフブームに代表されるように、豊かな自然の中で、ゆったりとした時間を家族と一緒に過ごしたいという声は、年々高まってきています。
では、世界でも冠たる豊かな国日本が、欧米と比べこれほどまでに別荘保有率が少ないのはなぜでしょうか。理由としていくつか指摘されているようです。
まず1つは金融の問題。別荘を購入する時に金融機関から融資をなかなかしてもらえない。よって購入する人は主に資産家に限られてしまう。2つ目に、不動産業界の問題。別荘地の土地保有者である不動産会社が、消費者に魅力的な土地利用策をプロデュースできていない(又は消費者に届いていない)ことが考えられます。3つ目に建物の問題。別荘、とくに本物志向のログハウスとなると、おいそれと購入できない。また、購入した後のメンテナンスがとっても大変。ログハウスとなると、50年間使い続ける為には、木の定期的なメンテナンスが必要不可欠となります。しかし多忙な生活の中で、休暇のことはついつい先送りになりがち。頻繁に別荘まで通うことが出来ず、メンテナンスが不届となってしまいます。

そんな、別荘の数々の問題を解決してくれる商品が誕生しました。
新しい別荘所有システムが誕生
自然派個性住宅「BIG FOOT」で御馴染みの株式会社アールシーコアによる、フェザント別荘オーナー制度。
このシステムの特徴は、1年間に1週間の滞在権利を50年に渡り保有することの出来る「所有権」の分譲販売であるということです。保有週は予約なしで確実に利用でき、購入者にあくまでも「別荘オーナー」になってもらう事にこだわったサービスとなっています。
富士山を望む山中湖畔約4500坪の敷地に、本格的ログハウスやドームハウスなど10棟が建ち並び、また散歩に最適なボードウォークやステージデッキ、食事や飲み物が用意されたセンターハウスなど、快適な別荘ライフをサポートする街並みとなっています。
茫々たる草むらに覆われ、近隣の住宅との調和が取れていない、居心地の悪い別荘とは無縁の世界がここにはあります。
そして、何といっても気になる価格ですが、約100万円台から用意されているようです。

・ 本格的なログハウスの別荘オーナーになれる
・ 建物のメンテナンスが不要
・ 車1台分の価格で、50年間別荘オーナーに
・ 最高の立地条件と最高の景観



写真提供:株式会社アールシーコア

むりやりスローライフ
同社のカタログを見ると、次のように書かれています。

「豊かな自然のなかで、ゆったりとした時間を家族と一緒に過ごしたい。スローライフを大いに満喫したい。そんな思いが強くても現状の日本においては、特に忙しい人々、働き盛りの人々にとって、スローライフを楽しめる時間と場所を手に入れるのはなかなか難しいのが現状です。
思っているだけでは、いつまでたっても実現できない。 そんな人々にとって大切なのは、無理やりにでもスローライフを楽しむことの出来る環境をつくってしまうことではないでしょうか。」