50ism.comトップページへ
50ismロハス
50ism 50歳以上限定ポータルサイト50ismトップページ

文字サイズ
大 中 小

こんにちは、ゲストさん ログイン
ローハス的モノ・コトD 自然の恵み かけろまのきび酢
食べ物
マクロビオティック
マクロビオティックとは
マクロビオティックを体験・学ぶ
マクロビオティックレストラン
マクロビオティックを買う


雑穀
雑穀ソムリエとは
雑穀を食す・買う

野菜のソムリエ
野菜のソムリエ とは
資格を取る
ナチュラルヘルス
メディカルハーブ
メディカルハーブとは
メディカルハーブを学ぶ

漢方
漢方とは
漢方を学ぶ
漢方を体験する・買う

ホメオパシー
ホメオパシーとは
ホメオパシーを体験する

アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダ コラム
アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダを体験する
フィットネス
ヨガ
クリパルヨガ とは
クリパルヨガ を体験する

ウォーキング
ノルディック ウォーキング とは
居住環境
エコロジー住宅
特集
バウビオロギーとは
エコロジー住宅を建てる

ガーデニング
ビオトープガーデン コラム
ビオトープ とは
ビオトープ を作る
ビオトープ を学ぶ

環境と経済・社会
社会的責任投資(SRI)

社会的責任投資コラム
社会的責任投資 とは


エコ検定
エコ検定 とは

環境健康学
環境健康学トランスレータ とは
コンテンツ提供元

有限会社ロハシング

医学会から注目される奄美 加計呂麻島
かけろまのきび酢


奄美大島の南に位置する加計呂麻島(かけろまじま)。

空港もなくフェリーで島に渡る必要があるなど、人工的なモノに侵食されていないその島は、人知でははかり知れない、また言葉にも言い表せないほど神秘的な空気に島全体が包まれており、全国のエコツアー客を魅了してやまない。
そんな加計呂麻島が、現在医学会から熱い注目を浴びています。

沖縄は世界有数の長寿地域として昔から有名ですが、その沖縄をはるかに上回る長寿の島がこの加計呂麻島を含む奄美大島。百歳長寿者が、実に沖縄の1.5倍に相当するといいます。
また、お年寄りの若々しさが際立っており、80代や90代の人たちが、かくしゃくとした動作で農作業に精を出し、確かな足取りで颯爽と歩いている。
そうした現実を、医学会が注目し、奄美大島における長寿の秘訣についての研究が進められています。
かけろまの伝統食品 きび酢
最近発表された調査報告書によると、一日あたりの歩行数が多いこと、日々の生活を楽しみストレスが少ないことなどとともに、黒糖などサトウキビから作られる食品を多様する反面、塩分の摂取が少ない食生活を送っていることなどが指摘されています。
中でも最近、特に注目を集めているのが、江戸時代から400年に渡って奄美の人に親しまれてきた、サトウキビから作られる、その名も きび酢

加計呂麻島でキビ酢が作られ始めたきっかけは、まったくの偶然でした。
その昔、かけろま島の一人の島民が、サトウキビの絞り汁を煮詰めて黒糖をつくった後、その釜を洗った水を釜の中に放置していた。そうしたら、思いがけず自然に発酵した酢ができており、その味がすばらしかったことから、かけろま島の各家庭できび酢が作られ始めたといいます。
そうした背景から、にわかに人気が高まっているきび酢ですが、かけろま島では、化学による大量生産手法を拒否し、あくまでも手作業にこだわった、100%自然な製法で頑なに作り続けられています。

かけろまのきび酢 かけろまのきび酢 かけろまのきび酢

サトウキビを一本一本、手作業で鎌で刈り取り、新鮮なうちに圧搾機にかけ、糖水を絞る。この糖水を高温で何度も煮詰め、出来た煮汁は、職人の勘だけを頼りに天然水で薄められ、専用にタンクに移される。かけろま島に浮遊する土着の酵母菌や酢酸菌によって自然発酵され、数年かけて熟成され、ようやく完成します。
なぜ大量生産を拒否し、これだけ苦労してきび酢を作り続けるのでしょうか。
人生をエンジョイすることを重要視する島民から、「美味しいものは、手間が隙かかるのよ」という声が聞こえてきそうです。
かけろまのきび酢の味
かけろまのきび酢 さて、そのきび酢のお味は?
市販されているふつうの米酢と違って鼻にツンとくる特有の酢の刺激臭はほとんどなく、酸味はまろやかで果物のような豊潤な甘みが感じられる。かけろま島のひとたちは、さまざまな形で食生活に取り入れています。
酢しょうゆの酢の代わりにきび酢を使って刺身を付けて食す、野菜や果物をきび酢に付けて保存食にする、卵の黄身ときび酢を合わせた酢を作って野菜のドレッシングにする、などの食べ方があるそうです。また、きび酢はほんのり甘い香りがして、酢独自のむせ返るような強い酸味がないことから、きび酢を水で割ってゴクゴク飲む人もたくさんいるようです。
かけろまのきび酢 その効果
キビ酢は、そのおいしさばかりでなく、健康効果が高いという点も見逃せません。
きび酢には、吸収性にすぐれたミネラルが、黒酢をはじめとする米酢や果実酢と比べ10倍〜20倍多く含まれています。現代人がどうしても不足しがちなカルシウムや鉄、カリウム、マグネシウムを補ってくれるのは大きな価値があります。
もう一つの特徴が、ポリフェノール
ポリフェノールといえば、緑茶のカテキンや赤ワインで有名ですが、活性酸素を抑制する効果があると言われています。きび酢には、1mlあたり約1.2gのポリフェノールが含まれており、約0.1gの米酢、約0.6gの玄米酢と比べとても豊富です。
自然のめぐみ、生産者の誇り
400年に渡り、かけろまの人々の食生活と健康を支えてきたきび酢。
現代の医学会も、その秘める効果に注目しています。しかし、きび酢を数値でのみ評価するのではなく、かけろまのきび酢の背景にあるストーリーに目を向けるべきだと思うのです。

かけろまのきび酢 かけろまのきび酢 かけろまのきび酢

大量生産を志向せず、一つ一つ手作業による伝統的手法で製造を行い続けるかけろまの島民たち。
かけろまのきび酢には、自然を愛し、自然に敬意を払い、先人たちによる英知を敬い、そして日々の生活を楽しむことを大事にする島民たちのスピリットが溢れています。
目を閉じて、そうした島民の姿を想像し、スピリットを感じながらきび酢を食すことにより、よりいっそうココロとカラダの健康を増進してくれるのではないでしょうか。
かけろまのきび酢の詳細に関しては、株式会社ビレッジ・ファルマのホームページをご参照ください。